当事務局の事業詳細

このエントリーをはてなブックマークに追加

1、労働者支援(非正規労働者をはじめ、派遣切り、雇止め、解雇、パワハラ、セクハラ、モラハラ)などの法律に反している職のトラブルに関して、調査して、徹底的に、派遣切り理由、雇止め理由、解雇理由を問題になっている企業様にご確認し、相談者が納得できない場合は、訴訟に移行する場合があります。私たちも両方の意見、勤務態度、勤続などを確認し、どちらに問題があり過失があるのか確認後、活動できる案件か、審理します。活動できない場合もあります。それは、相談者の言い分と企業側の言い分に違いがあり、相談者側の意見が大げさすぎたり、嘘偽りがあったりした場合に問題がありますので、相談から事実確認の調査は慎重に確認するように、調書台帳を用意し、事実確認の際は録音する形式を得ています。録音する理由も、言った言ってない、聞いた、聞いてないなどの点で録音は事実確認上必要不可欠と言えます。

2、就労支援(仕事がない外国人失職者の就労場)の開拓を行い、外国人の失職者が正式に職に就けるお手伝いを致します。これは派遣ではなく、企業様側と話を行い、外国人の方でも、日本人と同等額の給与が貰えるように、当事務局が仲介する活動を致します。ただし外国人の方すべてが就労支援が受けられるかは、ビザの種類、時間外活動の許可など就労ビザのみの在留資格所持のみの場合は、時間に制限があり、制限時間を超えてしまうと、違反になるため、問題な方のみの就労支援となる。

3、就職支援(こちらは日本人の方が受ける事の出来る支援と解釈してください)なかなか、うまく仕事が進まない、続かない、あきらめ勝ちなど理由は様々あると思いますが、例として年齢制限や性別、学歴、資格、通勤距離など各企業様により募集概要、募集趣旨の違いはあります。中でも提携している企業様にお話を通し、うまく運べば試用期間を得て正社員になれます。私たちは就職支援については1人でも多くの方に就職が進み、働ける形をとる事が一番の願いと考えています。やる気さえあれば、私たちは就職率を保証いたします。また、提携さきである事で派遣切りや、雇止めはありません。派遣会社では雇止め、派遣切りは日曜茶飯事にあり得ますが、当事務局は殆どありません。正社員として雇用頂けるように直に交渉する力があり、後悔などはさせません。ご希望の方はご相談ください。

4、労働組合支援事業(不当行為による会社内でのトラブルをメインに対応しています)派遣会社が雇止めをし、雇止めから自己都合に変更書き換えしてしまう某派遣会社も存在します。私たちは人間であって外国人の対応も日本人より杜撰で厳しい状況下にあります。差別的な行為がなければ外国人の派遣切り、雇止めは日本人と同等であるべき姿と言えますが、日本人が切られてしまう数より外国人労働者の方が切られてしまう数が多すぎると言えます。そんな企業様については、相談者の意思に基づいて、労働局への告発を行います。これが差別でなく何なのか?直接会社に事実確認と経緯を確認したり、労働者を救済する上で、私たち団体は、妥協は一切ありません。示談交渉や謝罪は、大量に人材を切った時点で起こりえる予測もついたはずです。しかし公になってから行動するのは問題がありますので、改善を条件に活動するケースがあります。

5、国際交流(外国人の人材を集めたりします)高度外国人人材の獲得に向け各イベントにブースを確保したり、大学などで外国人の方と交流できる場を設けたりし、日本の経済には外国人の雇用に経済が発展するかが左右されます。英語ができる方なら、輸入会社での通訳担当で高収入が得られたり、高度な外国人人材が欲しいと言う企業様は多いと思います。1名で7か国語を話せて、職務上、本来数名で担当する海外担当者が2名で回るとなるとコストの削減につながったり、逆のit関連で言えば書類が作れる高度な人材がいれば、Excelで計算機や表計算に特化した人材がいる為、外注で高額な費用を使わなくても問題なく事は進むと考えています。企業様にあった高度外国人人材を獲得するための国際交流事業も行っています。

6、自立支援(仕事を開始するまでの自立を支援)しています。面接に行く勇気がない、仕事が探せない、集団的な業務は苦手、人と話すのも苦手って言われる方向けの自立支援になります。私たちは自立支援にも力を入れています。コミュ障などの方も私たちと自立がよい方向へ進むように当事務局と一緒に歩みませんか?きっとよい結果になると思います。勇気がなくても自立する努力、炊事、洗濯、掃除などの方法を取り組んだ形での自立。自立できない大きな原因は欲がない、お金は親が出してくれるから、買いたいものは親が買ってくれるなどの甘えから意識が変わります。そんな方に動物と触れ合う楽しさも備えておくとよいと思います。特に生き物や動物は癒しを与えてくれます。動物を見ている時が一番落ち着くと感じればとても良い事です。趣味を持つ事も大切です。

7、環境保全(環境保全では、無駄な工事を無くす、無駄な税金を無駄な工事で使わせない)活動や環境破壊につながる工事、生態系崩壊になる可能性がある工事、人間生活に影響のない工事は環境悪化、生態系崩壊、一度壊した環境に同じ場で生息する動物は戻りません。このような無駄な税金を一般市民の方の為になる税金の使い方をして頂きたいものです。工事会社に多額の何億と言う税金が流れ込み、工事したら、そのままの状態で植物を植えたりするなど工事したらその責任は工事会社が植物を植え、少しでも日本固有種が生息できる環境をつくるのが一番のベストですが、殆ど重機で潰されてしまうカメをよく見ます。日本の固有種は日本の宝です。やたらと工事して無駄な税金を使って良いはずがありません。そんな活動をしてます。